ローズフォーエバーとは

なぜ、バラはいつの時代においても人々を魅了し続けるのか・・・。

幾年もの月日を得て、数々の育種家の偉業により、様々な品種が生み出されてきました。
しかし、日本において、バラがいまのように「花の女王」として愛好されるようになったのは明治以降のことです。明治維新後、モダンローズの先駆けである「ラ・フランス」が農業試験用として栽培されたのが始まりで、依然として、バラは一部の人々にしか許されない「高嶺の花」でした。

バラは贈る人が贈りたい人に伝える最高のメッセージである。

バラは過去から現在に至るまで、ガーデンにおける栽培が主流でした。多種多様なガーデンローズは、見た人の心を捕えて離さないでしょう。

一方、ガーデンローズを栽培する庭はないが窓辺でバラを飾りたい、バラをもっと身近に楽しみたいという方は世界中に多くいらっしゃいました。ローザは小さなポットでも多くの花を咲かせ、四季咲き性を持ち、1日でも永く咲くことを目標にバラの品種改良を重ねてきました。ローズフォーエバーは、私たちがポットローズに求めてきた要素を余すことなく詰め込み、言葉の通り、 “永遠に”という育種家の思いを実現する、ポットローズブランドとして世に送り出されました。
その後もローザの育種は進化を続け、従来のバラの概念さえ超越する新たな品種開発へのステージに入りました。

ローズ

生産者紹介

株式会社フローリテックジャパン

メンバー

バラは過去から現在に至るまで、ガーデンにおける栽培が主流でした。多種多様なガーデンローズは、見た人の心を捕えて離さないでしょう。

一方、ガーデンローズを栽培する庭はないが窓辺でバラを飾りたい、バラをもっと身近に楽しみたいという方は世界中に多くいらっしゃいました。ローザは小さなポットでも多くの花を咲かせ、四季咲き性を持ち、1日でも永く咲くことを目標にバラの品種改良を重ねてきました。ローズフォーエバーは、私たちがポットローズに求めてきた要素を余すことなく詰め込み、言葉の通り、 “永遠に”という育種家の思いを実現する、ポットローズブランドとして世に送り出されました。
その後もローザの育種は進化を続け、従来のバラの概念さえ超越する新たな品種開発へのステージに入りました。

有限会社セントラルローズ

メンバー

フローリテックジャパンに次ぎ、ローズフォーエバー育成品種に関して2番目の生産量を有し、全てのミニバラを含めると、フローリテックジャパンと同等、もしくはそれ以上の生産量を誇る、国内有数のポットローズ生産者。さらに、1973年の設立以来、ムービングプールベンチ、循環型溶液栽培など、ヨーロッパで普及し始めていた省力・低環境負荷型の栽培方式にいち早く着目し、導入した実績を持つ、ミニバラ栽培に関して最先端を行く企業である。一方で、ミニバラを40年以上に渡って生産し続け、国内のミニバラの老舗に位置づけられる。しかし、現状にあぐらをかかず、常にお客様に最高の満足を届けるために高品質のバラを作り出すことを追い求め続ける姿勢が評価され、平成13年 第40回 農林水産祭園芸の部において、最高の栄誉とされる、天皇杯を受賞している。

株式会社花の海

メンバー

ローズフォーエバー育成品種だけでなく、野菜、花等の苗物、イチゴの生産販売も手掛ける、農業複合施設。「農作物のブランド化」を目標に、6次産業化{1次産業(農業)×2次産業(加工)×3次産業(体験型農業を通じたサービス業)=6次産業}を合言葉とし、地域農業の振興、地域社会の活性化を通じて、植育による園芸人口の増加などの活動も積極的に取り組んでいる、地域情報発信型の農業法人。ローズフォーエバー栽培の取り組みは、2008年からであるが、地域に密着した植育活動を通じて、常にお客様から情報をフィードバックし、品質向上に努め、めきめきと技術を上げている。ミニバラのなかで、ローズフォーエバー大輪品種の魅力、すぐれた特性にいち早く目を付け、現在も主要品目として栽培し続けている。

たけいち農園

メンバー

個人の生産者であるが、その動向や、作られる生産物に対して、園芸業界の様々な方面から常に注目されている、知る人ぞ知る生産者。品質に関するこだわりは半端なく、一鉢一鉢に彼の細心のケアが施されており、彼の厳格な品質管理により、送り出された出荷物は既にブランド化されているといっても過言ではない。但し、ほとんど手作業による栽培のため、生産量は限られており、また、彼の名が全面に出てくることは稀なので、未だにベールに包まれている。彼が作り出すローズフォーエバー育成品種は、所謂、一品ものに近く、多くの人々を喜ばせることはできないかもしれないが、それを手にした者は至上の喜びを感じるに違いない。