【冬のおうち園芸】幸せの黄色いポインセチア「イエロールクス」で彩るハッピークリスマス

クリスマスを彩る鉢花として日本の家庭でも広く愛されてきたポインセチア。
赤と緑のコントラストに「ザ・クリスマス!」というイメージをもつ人も多いと思います。実は今、その色や形が驚きの進化を遂げているのをご存知ですか?ひと昔前とは違うイマドキのポインセチアは、クリスマスに限らず秋冬のお部屋を彩る鉢花として大注目です。
なかでも、この秋登場する新品種「イエロールクス」は最注目のポインセチアです!

目次

どうしてポインセチア=クリスマスなの?

ポインセチアは赤と緑のコントラストが美しいことから、クリスマス時期にたくさんお店に並びます。ポインセチアが鉢物として定着し始めたのは70年代頃から。元はメキシコに自生しており切り花に使われていたローカルな植物であったのを、1960年代に育種家のポール・エッケ⽒がコンパクトな鉢物として楽しめるように改良し、さらに息⼦のポール・エッケ・ジュニア⽒が、花の少ない冬の時期に室内を彩れることを広めるために、テレビ局やホワイトハウスに大量のポインセチアを提供してディスプレーされました。これにアメリカの人々が驚き、クリスマス=ポインセチアが広く世の中に広まることになります。

日本では種苗会社のハクサンがポールエッケとパートナーシップを結び、80~90年代に一般家庭で広く楽しまれるようになりました。今30~40代の人は、子どもの頃に家に飾られていたポインセチアを一度は目にしているのではないでしょうか?

赤く色づいた花に見える部分は「苞(ホウ)」と呼ばれ、実はお花ではありません。では花は?というと、苞の中央に小さく集まった黄色い部分が花になります。

風水にも最適?ポインセチアに幸せの黄色が登場!

90年代をピークにポインセチアの人気には少しかげりが見え始めます。急速に広まった赤と緑のオーソドックスな姿に消費者が飽きてしまったことや、近年のクリスマスでは赤&緑カラーに限らず、シックな色合いが好まれる傾向にあるのも一因かもしれません。

しかしその一方で、人知れずポインセチアは進化を続けてきました。さまざまな色・形・大きさの品種が開発され、今やポインセチアはクリスマスに限らず、秋冬の室内を長く彩るNEW鉢花として再注目されています。

今秋最注目!幸せカラーのポインセチア「イエロールクス」

その中でも、今秋登場する最注目のポインセチアが「イエロールクス」です! お部屋をパッと明るくしてくれる鮮やかな黄色い苞が最大の特長で、ポインセチアとしてはもちろん、冬の室内をこれほど明るく彩るイエローカラーの鉢花はそれほど多くありません。

春は「ミモザの日」、夏はヒマワリと、各季節を象徴する植物にはなぜか黄色が多い・・・不思議ですね。黄色は「ビタミンカラー」といわれ、心に活力をみなぎらせてくれる元気色。季節の節目ごとに、人々にポジティブな気持ちにさせてくれるのが、黄色い植物が持つ力なのかもしれません。

風水的にも黄色はラッキーカラー

今年は、なにかと暗い話題に覆われた年でしたが、ビタミンカラーである黄色は心をパッと明るく灯す光になってくれます。黄色は風水的にもラッキーカラーであることはよく知られた話。クリスマスから新しい年明けに向けてポジティブな気持ちで迎えるためにも、幸せの黄色いポインセチアをお部屋のインテリアに取り入れてみませんか?

イエロールクスをいろいろと楽しんでみよう

ポインセチア「イエロールクス」は、鉢花で楽しむのはもちろん、切り花にして花瓶にいけるのもオススメです。風水的に黄色を置くと良いといわれている西の方角に置けば、なんだかいいことがあるような気持ちになれそうですね。

鮮やかな黄色い苞は一輪でも存在感抜群なので、クリスマスの夜に食卓やホームパーティーで飾るのも楽しそう。お持ち寄りのアイテムに鉢花というのもセンスが光ります!

実際に飾ってみると実感するのですが、お部屋に一鉢でも華やかな鉢花や植物があると、驚くほど気持ちが明るくなります。これからは、クリスマスといえば「イエローポインセチア」が定番になるかもしれません。黄色いポインセチアを飾って、クリスマス、そして新しい年に向けてポジティブな気持ちを整えましょう!