ガーデンマムとは

ヨーロッパで誕生したガーデンマムはもともとは日本のキク(菊)が原種で、寒さにも強く屋外で冬越し可能。鮮やかな花色とこんもり咲く花姿が魅力的で、世界中でとても人気があるお花です。キク科キク属の耐寒性多年草で、ボリュームある株を何年も育てられるのも人気の秘密になります。

ガーデンマム アレクシアとは

ガーデンマムアレクシア

ガーデンマム アレクシアは、真ん丸の厚みのある花をたくさん咲かせるガーデンマムです。すべて姉妹品種なので寄せ植えは抜群の相性!摘心(ピンチ)しなくても自然と分枝して大きなドーム状に成長します。株一面に隙間のないほどのたくさんの花を咲かせ、関東以西の平地であれば早咲きで9月中旬ごろ開花します。

ここではそんなガーデンマム アレクシアを上手に育てる育て方をご紹介します。

栽培カレンダー

ガーデンマムアレクシアの栽培カレンダー

※関東地方以西低地基準になります。地域やその年の気候、生育状態により、開花期やお手入れの適期などは変わります。栽培カレンダーは目安としてください。高温時は花が休むことがあります。

ガーデンマム アレクシアの育て方

日当たり・置き場所

ガーデンマムは、日光がよくあたる場所で育ててください。ただし、ガーデンマムは日照時間が短くなると花芽を付ける短日植物です。夜間に人工灯の影響を受けると開花しない場合があります。そのため夜間に外灯や家の明かりがあたらない場所で育てましょう。

水のあげ方

土の表面が乾いたらたっぷり水をあげましょう。冬は、水やりの頻度を減らしましょう。

肥料のやり方

春から秋の生育期には、置き肥を1カ月に1回程度、薄めに希釈した液体肥料(1,000~2,000倍に希釈したもの)を1~2週間に1回程度あげてください。冬は、肥料をお休みしましょう。

病害虫の予防と対策

植え替え時に害虫防除のために殺虫剤を撒き、害虫の発生状況により市販のスプレータイプの殺虫剤または粒剤を使用してください。

病気

白さび病は、さび病菌と呼ばれるカビの一種によって発生する病気です。春と秋の雨が多い時期に発生する傾向があります。初めは黄色味のかかった白色の斑点が葉の裏にでき、徐々に斑点が大きくなり盛り上がったいぼのようにもなります。そのため、葉がゆがんだり巻かれたりする症状が発生します。症状が見られたら病徴の見られた部位を取り除き、処分します。多くの葉に症状が出ている場合は、植物が育つ範囲で葉を取り除くようにしてください。

害虫

アブラムシの主な繁殖期は4~6月と9~10月です。この時期にアブラムシが発生することがあります。アブラムシは、単為生殖で、雌が1匹いれば増え続けることができる害虫です。アブラムシを見かけたら、たくさんついてしまった部分は切り落とし、残ったアブラムシが再繁殖する前にアブラムシに効果がある薬剤を散布してください。

一夜にして葉が大量に食われたのに虫がいない!というような被害が出る場合は、ヨトウムシの仕業である可能性が高いです。ヨトウムシとはヨトウガの幼虫で、夜活動する大食漢のイモムシです。葉にかじられた跡のような穴が開いたり、葉が薄皮だけになって白っぽく変色したり、黒い粒のような糞が見られたら要注意です。見つけたら捕殺しましょう。オルトランなどの浸透移行性の殺虫剤をまいておきましょう。

切り戻し

ガーデンマムディット

冬に入り花がひと通り咲き終わったら、株元5cm程度まで切り戻して冬越しします。

ガーデンマムディット

また、暑くなる前にもう一度株元5cm程度に切り戻しましょう。株を充実させ花芽を増やします。

植え替え

ガーデンマム ジジ(ミックス植え)は、春の新芽が吹いてきたら、二回り程大きな鉢に植え替えるか、地植えにしましょう。根鉢を崩さないようにして植え替えしてください。そうすることで、何年も長くお花を楽しむことができます。

avatar
夜間に人工灯の影響を受けない場所で育ててください

管理情報

管理アイコン

開花期:秋~晩秋

管理アイコン

耐性:耐寒性多年草

管理アイコン

最低温度:約ー15℃

耐寒性ゾーン:7b~

管理アイコン

置き場所:日なた

管理アイコン

水やり:ふつう

管理アイコン

肥料※:ふつう

管理アイコン

用途:プランター/鉢植え、花壇

管理アイコン

草丈:30cm~

管理アイコン

株幅:30cm~

※開花中は、あまり肥料を必要としません。

アイコンの説明はこちら

よくあるご質問

Q
春にマムの蕾が出てきました。どうしたらいいでしょうか。
A

そのままでも問題はありませんが、秋にたくさんの花を楽しむためには、蕾は切り取ることをおすすめします。

ガーデンマムの蕾摘み
春に蕾が出てきたら
ガーデンマムの蕾摘み
蕾を切り取るのがおすすめです
ガーデンマムの蕾摘み
すると秋にたくさんの花を楽しめます