クリスマスにポインセチア ゴールドを!

園芸家:間室みどり

北欧で室内園芸を学び、花の育て方や寄せ植えを中心に講習会、執筆などの活動をしている。
現在、埼玉県「ガーデンセンターさにべる」のマネージャーを務める。

【資格】

ハンギングバスケットマスター/グリーンアドバイザー/カラーコーディネーター

従来のポインセチアになかったゴールドという色が晩秋から冬の空間を彩ってくれます。光の中に溶け込みそうなゴールド。このきれいな花びらのように見えるのは「苞葉(ほうよう)」と呼ばれ、ガクが進化したもの。一般のポインセチアの品種に比べて、苞葉の持ちがよく、ながく楽しめます。

温度によって苞葉の色に変化があり、暖かい環境ではピーチイエロー、温度が下がってくると次第にオレンジイエローへ変化します。クリスマス&ゴールドでイメージするとゴージャス感たっぷりにデコレーションするイメージがあるかもしれませんが、新品種の「ゴールド」は上品さを持ちながら、ナチュラルテイストやアンティーク調にもよくマッチします。

「寄せ植えで楽しむ」ポットをそのまま寄せ植えに!

ポインセチアと室内鑑賞できる植物と合わせて寄せ植えにします。

寄せ植えに合わせた植物は

セネシオ グリーンネックレス

ピレアグレイシー

両者ともに水やりの回数が少なくて済み、明るい室内の環境に適した特性を持ち合わせる。鉢の淵からしなやかに垂れる茎や葉がゴールドの光がこぼれる雰囲気を演出します。

イメージ

寄せ植えの手順

使用花材・資材

  • ポインセチア2寸3ポット
  • グリーンネックレス1ポット
  • ピレア グレイシー1ポット
  • ブリキの鉢直径17cm程度 (底に穴が開いていない場合は目打ちなどを使ってあける)
  • 培養土(草花用培養土など)適量

イメージ

寄せ植えの手順

  • 初めにブリキの中に土を入れる。
  • ポインセチアを逆三角形に配置する。
  • この時にポインセチアのポットはそのまま入れる。(この時期は植え替えを嫌うので)
  • グリーンネックレスとピレアグレイシーはそれぞれポットからはずし、ポインセチアの間に入れる。
  • 土をスペースに合わせて丁寧に崩す。
  • あとは、株と株の隙間に土を足していく。
  • 水やりはポインセチアのポットに直接やる。

イメージ

万が一折れてしまったときは、切り花として楽しむ!

5号鉢など大きな鉢だと枝をうっかり折ってしまいがちです。
そんな時は切り花で楽しむこともできます。

スパイスラックなどを使って簡単にデコレーションが完成です。それぞれの容器に一輪ずつ入れるだけ!
ポインセチアだけでなく、他の切り花や庭先のツタ、針葉樹の枝などを一緒に入れても素敵です。

切り花のワンポイント

  • 折れた枝はよく切れるはさみで5mmほどカットして、水の中につけます。
  • 白い液体が出なくなったら、スパイラックのベースへ飾ります。

ポインセチアを長く楽しむために!

冬の観賞時期のポインセチアは休眠期に近い状態で、お休みモード。お水もさほどほしがらず、肥料もいりません。
ポカポカした明るい室内に置くことがポイントです。水やりも回数を控えめに!

明るく暖かい室内におく

◎10度を下回る室内はさける
◎暖房の温風や熱が届かない場所へ
◎出窓のような場所は夜間温度が下がるので避けたほうがベター

水やりの目安

◎土の表面が乾いて4・5日してから。
◎葉先がしなっと下にたれたときに。
◎水をあげるときは午前中に鉢底から流れ出るくらいたっぷり
(夜間は株が冷えるので避ける)

肥料

◎不要
4月の生育期までやらない。

管理のポイント

  • 開花期:12月~2月
  • 最低温度:10℃以上
  • 水やり: 過湿に注意して乾かし気味に管理し与えるときはたっぷり与える
  • 置き場所:1日中日の当たる室内
  • 主な用途:鉢植え
  • 草丈:20cm~60cm
  • 株幅:20cm~40cm
  • 肥料:ふつう 植えつけ時に元肥を施し、2~3週間後から液肥を1週間に1回与えてください。

最低温度は目安としてください。管理方法や場所、株の状態によって表記より高い温度でも枯死する場合があります
◎元肥とは花苗を植えるとき、事前に与える肥料の事です。
◎緩効性肥料とは肥料の効き方がゆっくりで、一定期間効果が長続きする肥料のことをいいます。

販売時期

10月~12月

全国の園芸店、ホームセンターなどで販売しております。

このラベルが目印